• ホーム
  • クラミジアの放置はたくさんリスクがある!

クラミジアの放置はたくさんリスクがある!

一般的に多くの人は、何かの自覚症状を感じて病気に罹っていることを知ります。症状が重い場合には病院や診療所で受診して、治療を受けます。クラミジアは男女ともに初期症状が軽く、無症状の人が多いという特徴があります。この感染症は初期症状が出にくいので、病気に罹っていることに気づかずに放置されるケースが少なくありません。初期症状が軽くてもクラミジア感染症は自然治癒をすることがなく、放置すると重症化する危険があります。

クラミジア感染症の初期症状を放置すると、男性・女性ともに病原菌が生殖器に移動して炎症を発症します。男性であれば病原菌が尿道から精管に移動して精管炎を発症したり、細菌が副睾丸に達すると前立腺炎を起こします。精管炎になると精子の通り道(精管)が狭くなり、閉塞性無精子症になります。抗菌薬を服用してクラミジアを完治させても、閉塞性無精子症が治らずに不妊症になるリスクがあります。

女性の場合は病原菌が膣の奥の方にあるある子宮口を通過して病原菌が子宮に移動して、卵管炎を起こします。卵管炎を発症すると、卵管(卵子の通り道)が癒着して狭くなる恐れがあります。クラミジアが完治した後も癒着した卵管は元の状態に戻らないので、不妊症になってしまいます。

クラミジアは自覚症状が軽いので治療をしないで放置する人がたくさんいますが、男性・女性ともに不妊症になるリスクが高い恐ろしい病気です。クラミジアの症状が軽いのは初期症状だけで、重症化すれば男性・女性ともに激しい痛みや発熱が出て苦しむことになります。女性の場合は重症化すると骨盤腹膜炎を発症し、命の危険があります。

クラミジアが重症化すると飲み薬だけで完治させることができず、数週間にわたり入院して点滴治療を受けなければなりません。初期症状の段階で治療を開始すれば数回通院すれば済むので、他の人に知られずに内服薬を飲んで完治させることができます。ところが重症化して入院治療を受けることになれば、性病のことが家族や職場関係者に知れ渡ってしまうでしょう。

治療を終えた後も不妊症になると、子供ができないことで結婚後に長期間にわたり精神的に大きな負担を感じる恐れがあります。女性であれば結婚後に子供をつくるように義父母から強い圧力がかけられたり、親戚の間で陰口を言われたり噂話をされるかもしれません。近所の子供を見る度に悲しい気分になったり、多額の費用をかけて不妊治療を受ける人もいます。性病は完治したら問題なく日常生活を送ることができますが、不妊症であることで長期間にわたり精神的なストレスを感じ続けるというリスクがあります。

クラミジアを放置すると、重症化して激しい痛みや発熱に苦しむリスクがあります。重症化して長期入院すると、家族や職場関係者に性病を患っていることが知られてしまいます。不妊症になると、子供ができないことで長期間にわたり精神的に苦しむことになりかねません。肉体的・精神的なリスクを避けるためには、定期的に検査を受けることや初期症状に気づいた際にすぐに治療を開始することが大切です。