• ホーム
  • クラミジア結膜炎で失明の危険も?

クラミジア結膜炎で失明の危険も?

クラミジア・トラコマチスは性器の粘膜に感染して発症する細菌と思われていますが、他の場所の粘膜にも感染する場合があります。性器以外であれば咽頭部のほかに、目の粘膜(結膜)に感染して結膜炎を発症するケースもあります。眼の粘膜にこの菌が感染すると、増殖する細菌の塊(封入体)が粘膜に形成され、封入体結膜炎と呼ばれる眼病が発病します。

封入体結膜炎の症状の特徴は目の充血・目やに・眼瞼腫脹のほかに、大きめのできもの(濾胞)ができることです。ほかにも、偽膜と呼ばれる分泌物の塊が結膜にできます。眼球以外にも、耳の前にあるリンパ節が腫れて痛みを感じることもあります。封入体結膜炎は発展途上国に多く見られる病気で、何度も繰り返して発症すると視力が低下したり失明する危険があります。

温暖な地域の発展途上国であれば、ハエなどの虫を介して病原菌が目に感染するケースも少なくありません。WHO(世界保健機関)が2016年に公表したデータによると、トラコーマによる眼病(封入体結膜炎)が原因で190万人もの人が視力低下や失明しています。このため、トラコーマに感染して罹る結膜炎を“失明に至るトラコーマ”と呼ばれることがあります。

トラコーマの感染で起こる眼病(封入体結膜炎)は、新生児型と成人型の2種類に分けられます。新生児型の感染経路は、母親からの母子感染です。母親がクラミジアに感染をしていると、分娩時に産道を通過する時に新生児に感染をする恐れがあります。成人型の感性経路として、病原菌が付着した手で目をこするなどの行為が考えられます。トイレの後に手を洗わなかったり、咽頭クラミジアで唾液や口の粘膜が付着した手で目をこすることでも感染経路になる可能性があります。

トラコーマが原因で起こる封入体結膜炎の治療方法ですが、殺菌薬が含まれた点眼薬や眼軟膏の投与が基本です。抗菌薬が含まれた点眼薬を4週間にわたり投与することで、眼球の粘膜に感染した病原菌を殺菌します。病原菌が性器や咽頭部に感染している場合には、抗菌薬を服用するなどしてこれらの治療も同時に行う必要があります。初期の性器クラミジアであれば1~2週間で完治させることができますが、眼球の粘膜に感染して結膜炎を起こしてしまうと長期間(数週間)にわたる治療が必要になってしまいます。

クラミジアが目に発症する封入体結膜炎は治療方法が確立されていますが、何度も発症すると視力が低下したり失明をする危険性があります。性器クラミジアや咽頭クラミジアを治療せずに放置すると、手などを通して病原菌が目に感染して結膜炎を発症する恐れがあるので注意が必要です。妊娠中の女性が性器クラミジアに感染していると、分娩時に新生児が産道でトラコーマに感染して誕生後に結膜炎を発症する恐れがあります。もしも妊娠中の女性でクラミジアに感染していることが判明したら、分娩時までに完治させておく必要があります。