• ホーム
  • ニキビにもクラミジアにも効く!ミノマイシン治療薬の効果

ニキビにもクラミジアにも効く!ミノマイシン治療薬の効果

男性を診ている医者

ミノマイシンもクラミジアの治療に使用される薬のひとつで、健康保険の適応が許可されています。有効成分はミノサイクリンで、これはテトラサイクリン系の抗生物質のひとつです。ミノマイシンは内服薬(カプセルまたは錠剤)で、50mg錠と100mg錠の2種類があります。クラミジアの治療を行う場合には、1回あたり100mg錠を1個を1日2回または3回服用します。治療期間は7日間で、治療期間中は毎日服用し続ける必要があります。

ミノマイシンの有効成分のミノサイクリンは細菌に対する殺菌効果が強いテトラサイクリン系の抗生物質で、副作用が強いので注意が必要です。添付文書によると、主な副作用として腹痛・悪心・食欲不振・胃腸障害などの消化器系の症状に対する注意が喚起されています。消化器系の症状のほかにも、めまいも報告されているので注意が必要です。ミノマイシンは副作用が強いので、マクロライド系(ジスロマックなど)やニューキノロン系(クラビットなど)に対してアレルギーを起こす患者に使用される場合が多いです。

ミノマイシンは性病や呼吸器系の炎症だけでなく、皮膚科で赤ニキビの治療にも使用される場合があります。炎症を起こす赤ニキビの原因はアクネ菌と呼ばれる細菌で、毛穴に細菌が繁殖すると炎症が起こります。アクネ菌は色素を排出するので、赤ニキビが治癒した後にシミが残ってしまう恐れがあります。ミノサイクリンはアクネ菌が増殖をするのを防ぐ効果もあるので、重度の赤ニキビに対して高い治療効果を発揮して治癒を早めてくれます。

ミノサイクリンは抗菌効果だけでなく、好中球の遊走や活性酸素の発生を抑えることで抗炎症作用を発揮することが知られています。重度の赤ニキビで炎症が起こった時に服用すれば、患部の炎症を抑えてくれます。

ミノサイクリンは医療用医薬品(処方箋薬)に指定されているので、一般向けに販売されていません。ネット通販サイトを利用して海外から個人輸入すれば、病院で診察を受けなくてもミノマイシン錠を購入することができます。海外ではミノマイシンのジェネリック医薬品のディバインという薬が安価で販売されているので、ディバインを選択する方法もあります。

ネット通販を利用して医薬品を個人輸入する場合は、健康保険が使えないので全額を負担しなければなりません。安価で販売されているジェネリック医薬品を選べば、全額を自費負担する場合でも安価な費用で購入することができるというメリットがあります。

ディバインの主成分はミノサイクリンで、1錠に含まれる有効成分の量はミノマイシンと同じ100mgです。服用方法や効果・副作用は先発薬のミノマイシン錠と同じで、クラミジアやニキビの治療に効果を発揮します。ディバインは性病以外にも扁桃炎・咽頭炎などの気管支系の炎症や、ニキビにも高い効果があります。ディバインをストックしておけば、いざという時に役に立ちます。