• ホーム
  • 性病の徹底的な予防方法を学ぼう

性病の徹底的な予防方法を学ぼう

性病の中には抗菌薬を服用して治療をすれば完治させることができるものがありますが、治療のために多額の費用や多くの時間を消費してしまいます。抗菌薬で治療を受ける際に下痢などの副作用の影響を受けたり、薬の効かない耐性菌を生み出すリスクがあります。そのため、性病に罹らないように予防をするための方法を知っておくことが大切です。

性病を予防するために、性交渉の際にコンドームを着用する方法があります。精液や膣分泌液などの体液や血液によって感染をするのがほとんどなので、体液や血液に触れないようにすることで予防することができます。

コンドームを使用して性病を予防する際の注意点は、避妊と病気は別であることです。性器性交以外で成功を行う場合には避妊をする必要がありませんが、病気をうつさないためには妊娠の可能性がなくても男性がコンドームを着用する必要があります。コンドーム以外にピルなどの避妊方法もありますが、他の避妊方法では病気の感染を防ぐことはできません。

コンドームを正しく着用して居たとしても、他の部分に体液などが付着して病原体が繁殖をしていると伝染する恐れがあります。例えばトリコモナス原虫は水分があれば生き続けることができるので、プールや入浴施設などの共同施設で伝染をする可能性があります。性行為以外で性病に感染する可能性は低いものの、伝染をする可能性はゼロではありません。プールなどの共同施設を利用する場合は、塩素やオゾンなどで殺菌が行われていることを確認するようにしましょう。入浴施設の椅子を通して梅毒やトリコモナスに感染する可能性があるので、座る前にシャワーなどですすいでおくことも感染予防になります。

健康な人の体には免疫力が備わっていて、病原体と触れても容易に感染をしないようになっています。それでも雑菌に感染して炎症を起こすと、患部の抵抗力が低下して細菌やウィルスに感染しやすくなる場合があります。抵抗力を低下させないようにするためには、常に体を清潔に保つことが大切です。性交渉の前にシャワーを浴びて清潔にしておくことも、性病の伝染予防に役立ちます。

男性がコンドームを着用すればいくつかの性病の感染を予防することができますが、効果は限定的で100%確実に防げる訳ではありません。感染初期の梅毒は患部に触れるだけでも感染する恐れがありますし、コンドームが破れたりキスでうつるケースもあるからです。防ぐためには、複数の不特定多数の相手と性行為をしないことが大切です。性行為をする相手を限定することでも、病気に罹るリスクを低くすることができます。

性病クリニックの調査によると、性風俗サービスに従事する女性であればクラミジアの感染率が40%で非常に高いことが判明しています。男性が性風俗サービスを3回利用した場合、1回はクラミジアに感染している女性が対応することになります。クラミジア以外の病気もうつるリスクがあるので、性風俗サービスを利用する場合は特に注意が必要です。