• ホーム
  • 性病は性行為以外でも感染します!

性病は性行為以外でも感染します!

性病と聞くと性行為で伝染をする病気、というイメージを思い浮かべる人が多いかもしれません。これは間違いではありませんが、性行為以外では一切感染をしないという訳ではありません。性行為以外でも性病に感染する場合があるので、感染経路や予防方法を知っておくことが大切です。

性病の病原体の中には、口や喉の粘膜に含まれる場合があります。このような病気は、口や喉の粘膜や傷口を通して伝染する恐れがあるので注意が必要です。クラミジアや淋病は咽頭部に感染すると扁桃炎・咽頭炎を繰り返しますが、口を通して他の人にうつることが知られています。HIVや梅毒であれば、傷口から病原体が血液に侵入して伝染する危険性があります。

オーラルセックスを行う性風俗店であれば、コンドームを着用しないケースが少なくありません。性交渉の際にコンドームを着用しても、ディープキスが感染経路になる場合もあります。オーラルセックスの際にコンドームを着用しなかったり、ディープキスをすることでも性病が伝染する場合があるので注意が必要です。

梅毒の初期症状は感染した場所にしこり(できもの)ができるという特徴があり、膿に多くの病原菌が含まれています。キスなどをした際に口の粘膜を通して梅毒が感染する場合が少なくありませんが、そのような患者が使用した直後のコップには病原菌が付着している可能性があります。時間が経てば感染力を失ってしまいますが、感染者が使用した直後のコップを使って回し飲みをすると他の人に伝染する可能性があります。回し飲みで性病が伝染するケースは多くありませんが、病原体の種類によっては感染する可能性はゼロではありません。

ごく稀に、性行為をしていない女性がトリコモナス原虫に感染をしていたというケースがあります。トリコモナス原虫は湿気があれば生き続けることができるので、感染者が使用したタオルやお風呂を通して他の人にうつる可能性が考えられています。トリコモナスに感染している家族と同居している場合には、完治するまではお風呂やタオルを使用する際に注意をする必要があります。

一部の性病の病原体の多くは泌尿器に感染をしますし、一部の細菌は直腸の粘膜で増殖をする場合があります。このため、トイレの便座を通して病気が感染する可能性も考えられます。性病の病原体(細菌やウィルス)は乾燥に弱いので、トイレが清潔に保たれていればすぐに死滅します。汚れていたり湿気があれば感染力を保ち続けることができるので、トイレを通して伝染が起こる場合があるので注意しましょう。

性病は性器性交をしなければ他の人にうつらないと考えている人がいますが、これは間違いです。口や肛門を使った性交をしたり、ディープキスでも他の人に伝染してしまう場合があります。性風俗関連のサービスに従事している女性の間で咽頭クラミジアの感染率が高いことが知られていますが、これはコンドームを着用しないで行うオーラルセックスやディープキスが原因です。過度に心配をする必要はありませんが、性病を予防するためには普段の生活でも注意をすることが大切です。